ビットコインは「怪しい」という声に僕が「怪しくない」と考える理由



仮想通貨とビットコイン

現在、投資する人が増加し、バブルとさえ言われるほどの高騰を見せる「仮想通貨」。

一言で仮想通貨と言っても「ビットコイン」以外に、様々な種類の「アルトコイン」が存在します(「アルトコイン」は「ビットコイン以外の仮想通貨」を指します)。

ここでは仮想通貨を代表してビットコインに絞って語りたいと思います。

テーマは、ビットコインは「怪しい」か。

ビットコインと言うと一般的に「怪しい」という印象を持たれますが、本当に「怪しい」のか、ということについて今の考えをまとめてみたいと思います。

 

 

ビットコインが「怪しい」と思われる理由

それでは、なぜビットコインは怪しいという風に思われるのでしょうか。

理由の一つは、「仮想」ということで実体がないことでしょう。

円やドルなら紙幣やコインがあります。また、例えば似たような「仮想通貨」として「Amazonカード」や「図書カード」もありますが、これも「カード」が実在します。

しかし、ビットコインは実体が存在しません。

数字だけが保有している資産になります。これは確かに怪しいと思われても仕方がありません。

また、もう一つの「怪しい」理由として実体の価値を担保する存在がないことも挙げられるでしょう。

円やドルなら日本やアメリカのような国家が、Amazonカードや図書カードなら、Amazonや日本図書普及株式会社といった企業が価値を保証しています。

この後ろ盾の信頼が、その紙切れに価値を与えています。

ところが、ビットコイン(「仮想通貨」)はどうやらそういった存在も見当たりません。

ん〜、そう考えると確かにビットコインが怪しいというのもますます説得力を持ってくるような気がします。

存在も価値も保証する「根拠」がない、言ってみれば足のない幽霊のようなイメージを受けます(事実、ハッキングによって一瞬で資産がほとんどゼロになる、という事件もありました)。

 

 

ビットコインが「怪しくない」と考える理由

しかし、あえて僕はビットコインは「怪しくない」のではないか、と考えています。

正確には、他と比較して、それほど「怪しい」ものではないのではないか、と思うのです。

と言うより、正直すでに世の中のものの大抵が「怪しい」ので、今更ビットコインだけが特別「怪しい」という風には思えません。

仮想の通貨、というのであれば、円やドルも仮想の通貨だと思います。

お金の問題だけでなく、医学や科学にしても、社会常識にしても、たとえそれがもっとも偉大な組織が保証している情報源だったとしても、結局のところ自由にコントロールが可能な仮想の真実に過ぎません(「怪しい」のに「怪しくないそぶり」が上手な人間のほうがよりタチが悪いです)。

そうしたことに時間や資産を投入することと、ビットコインに投入することで、怪しさにそれほど差異があるように思えないのです。

もし、ほんとに怪しくない「現実」をつかみたいのであれば、天候に左右はされますが、それでも自給自足が一番です。

野菜をつくって、食べる。これは仮想ではありません。

山に登って美味しい空気を吸う。これも仮想ではありません。

しかし、実際はもうすでに驚くほどの仮想で満ちている世界なのに、ビットコインだけを「仮想」だから怪しいと言うのはちょっと変だと思うのです。

もちろん、相応に「怪しい」ので全資産を投入することは避けたほうがいいでしょうが、長い時間をかけて一定の割合で(ビットコインかアルトコインかは分かりませんが)浸透していくのではないかと考えています。

 

とりあえずビットコインを購入してみたいと思う方は、1000円程度の少額から始められるので、関連書籍を買うならそのお金で始めてみるのがいちばんの勉強になると思います。

僕が今メインで使っている販売所は、「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。よかったらどうぞ。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットフライヤーの登録や口座開設の方法は、「bitflyer(ビットフライヤー)口座(アカウント)開設方法〜わかりやすい手順で解説」を参照下さい。